• TOP
  • >
  • トピック
  • >
  • 【新型コロナ・インフルエンザ】どう予防する? この冬の感染症対策
2020-11-26 17:30

トピック

【新型コロナ・インフルエンザ】どう予防する? この冬の感染症対策

プラズマ乳酸菌
まもなくやってくる冬。元気に過ごすために重要なのが感染症対策です。
特に新型コロナウイルスが気になる今年は、どう対応すればいいのだろう、効果的な方法はあるのだろうかと気になる人も多いのでは。

みいクリニック院長の宮田俊男先生に、この冬の感染症対策や、気を付けるべきことを教えていただきました。

ウイルスとの共存を意識して正しく恐れる
宮田先生は、当面新型コロナウイルスへの対策は当面現状のままだと予想。
今後も新型コロナウイルスの感染リスクはあるし、いつどこでクラスターが発生するか油断はできないため、常に最低限の緊張感を持ちつつもウイルスとの共存を意識して正しく恐れることが重要だと教えてくれました。

手洗い、マスクの着用など基本的な感染症対策のほか「免疫力を下げないことが重要」だと宮田先生はアドバイスします。

プラズマ乳酸菌
病気にならないために高めておきたい免疫力ですが、ストレスがたまると下がってしまいます。
今年は新型コロナウイルスの流行により、他人との接触が減ってストレスを抱え込み『コロナうつ』になっている人が少なくありません。
知らず知らずに抱え込んだストレスで免疫力が下がっていないでしょうか。

特に注意したいのが、テレワークをしていて仕事とプライベートのオンオフがうまくできない一人暮らしの人です。
急に増えた自分の時間に何をしていいか分からなくなってしまい、つい残業が増えてメンタルが落ち込み、体調を崩す人もいるようです。

メンタルが落ち込むと体調が崩れ、風邪を引きやすくなります。
免疫システムのバランスが崩れないよう、注意が必要です。

毎日のセルフケアで免疫力をキープ
免疫力を下げないためには、「毎日のセルフケアを大切にすること」が大切です。
セルフケアとは、主に以下のようなことを指します。

・だるさや痛みなど体調変化に敏感に気付くこと
・定期的に体重や血圧、体温をチェックすること
・バランスの良い食事と適度な運動、良質な睡眠で体調を整えること

プラズマ乳酸菌
特に大切なのは「食事・運動・睡眠」。食事では亜鉛を多く含む食べ物(牡蠣、牛肉、鶏肉、玉子、白米等)やビタミンCを多く含む食べ物(レモン、キウイフルーツ、赤ピーマン)、発酵食品がおすすめだそう。
1日20~30分のウォーキングやストレッチで身体全体を活性化し、1日6~8時間の睡眠を取るようにしましょう。

プラズマ乳酸菌で免疫細胞の司令塔を活性化
さらに、宮田先生おすすめの効率的な免疫力アップ方法が、免疫の司令塔を活性化するただひとつの乳酸菌『プラズマ乳酸菌(乳酸菌 L.ラクティス プラズマ)』です。

プラズマ乳酸菌
一般的な乳酸菌は一部の免疫細胞しか活性化させることができないのですが、プラズマ乳酸菌は免疫の司令塔を直接活性化できるのが特徴。
誰でも効率的に免疫力が高められます。
実際にハードな練習によって免疫力が下がりやすいスポーツ選手にも、プラズマ乳酸菌をすすめることがあるそう。

病気をせず健康に過ごしたいこの冬。
プラズマ乳酸菌で免疫力をサポートしてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook